ウィッグにヘアアイロンを使うなら、気をつけるべきこととは?

ウィッグアレンジ

耐熱性のウィッグであれば、ヘアアイロンを使ってアレンジが楽しめますが、気をつけた方が良いポイントについてご紹介いたします。

熱を当てる前にウィッグが耐熱性かどうか確認しますが、人毛や医療用のウィッグは耐熱性と書かれていたとしても、熱によってウィッグの毛にダメージを与えてしまう可能性があるため、高温はできる限り当てないように気をつけましょう。

ウィッグのカールは毛を熱して冷ます時に形が付くため、熱した後にカールの形をキープする必要がありますよ。

一気にカールを付けたいと考える方もいるかもしれませんが、毛束を多く取ってヘアアイロンをかけても、熱が伝わっていない可能性があるため、確実にカールを付けたいのであれば少量ずつ毛束を取って熱を当てましょう。

タイトルとURLをコピーしました